子犬の入手方法

『なら、犬でも飼おうか』と思っている方へ・・・どうやってかわいい子犬を手にしますか?

1.ブリーダーさんから直接分けてもらう

あちらこちらのページで書いていますが、親を見るということは本当に重要です。特に母親を見ることが出来ればその犬の性格をかなり受け継いでいるはずなので、想像出来ます。加えて特殊な犬の場合獣医さんも診察したことがないということで手当てが遅れることがあります。その時頼れるのはその犬種の専門家であるブリーダーさんということになるのでその犬の生産者である人と連絡の取れることのできる入手方法としてお勧めです。

2.ペットショップで入手

ここはちまたにある一番の危険区域です。ただなんとなく犬を見に行って金を掻き集め出る時には子犬を手にしていた、という経験を持つ人は多いはず。はなの大切な友達、実家に住んでいる“なな”はこのパターンです。父親が豆柴をみたい(見るだけ)ということで豆柴の置いてあるペットショップを教えてくれと質問を受けました。父親の危険区域への立ち入りで豆柴を必ず買えるようお目付け役としてついていきました。で見るだけの父親の腕の中にはビーグルの“なな”がいたわけです。お目付け役失格。わたしとはなの出会いも、父親とななの出会いも子犬を生ませたことのある人たちはみんな“そんなもの”と言っています。これを無理して当初の目的の犬を飼ってもうまく行かなかったりするので…それはそれで“よし”です。

3.知り合いの家で生まれた犬をもらう

これは1番のブリーダーさんからの入手方法に近いです。子犬を生ませた方もいつでも近況が聞きたいので知り合いの人に飼って欲しいのが本音でしょう。両親とのご対面ができるいい関係です。

4.道端で拾う

最近見なくなりました。捨て犬…父親のよく口にする『犬はもらってくる、拾ってくるもの』です。今までの家で飼ってきた犬のほとんどの時間をこの捨て犬たちが占めていますが これが一番味がある犬の飼いかただと思います。まさに運命の出会いでなければ会えないし、その犬はどんな風に大きくなるか全くの不確定です。大きくなるのが楽しみなパターンです。

 

長年の夢であったマラミュート入手には理想である入手方法であるブリーダーさんから分けてもらうという方法を選びました。 夢であった以外に大型犬であるマラミュートを飼うのに性格が保証されないことには悲劇を招くので迷わずそうしました。

そして、この大きな犬を飼おうと考えている方に マラミュートのことをよく知らない繁殖者から譲り受けるのは“危険”と言うことを知ってください 。 『おおきくならないよこのマラミュート…』の一言で飼いはじめたら…大きくならないったって 実際は大きい。飼い主以外に触らせない。唸る、吠える。こんな大きい犬がうなったら、獣医さんのところへは連れて行けない。 十分なことをしてやれないまま保健所行き。 これは繁殖者と飼い主の責任です。

犬の飼いかた、犬への接し方以上にその犬の持つ素質はとても重要です。マラミュートが人に攻撃的に出たという話はその犬もつらいですが、その犬を取りまく人たちもつらいのです。 犬探しのときはしっかりブリーダーさんの考え、知識を知ってください。