これからマラミュートを飼おうと思っている方へ

これからアラスカンマラミュートを飼おうと思っている方へ

今、静かなるブームがマラミュートにやってきています。幸い彼らにとってその大きさ、日本の気候などでほかの犬種に見られたような爆発的なブームにはならないでしょうが、年間何万頭もの純血種も保健所で処分されている昨今、マラミュートがその対象になる日は近いです。実際、世界的にはマラミュートの保護、レスキューは当たり前のこととなっています。

Alaskan Malamute Rescue of New England, Inc.
このページはマラミュートの里親探しをしているページです。罪のないマラミュート達が幸せに暮らせる日を待っています。

 

私がはなを飼おうと決心したとき、探した海外のページの中の1つを訳してみました。ぎょっとする表現でしたが私には「飼いやすい犬ですよ」と言われるより信用できる話でした。

純血種の保健所行きに「こんなはずではなかった」という理由があります。マラミュートと生活を始めてこの言葉だけは聞きたくないですよね。すばらしい犬との生活が待っているのに知らないだけでそんな言葉が出てきます。マラミュートの”一飼い主”としてコメントも入れましたのでこれから飼いたいと思っていらっしゃる方参考にしていただけるとありがたいです。

 

1.アラスカンマラミュートはあなたにとって正しい犬の選択ですか?

アラスカンマラミュートを飼おうと思っていますか?これは真剣に考えた上での決定でなければいけません。アラスカンマラミュート達は天国からの贈り物にも最悪の悪夢にもなり得ます。それはマラミュート達がどれほどあなたのライフスタイルに合っているかによります。これら文章があなたがこの特別な犬種に適しているかの参考になると思います。この文章はあなたのマラミュートへの理解を深めマラミュート達の行動を予期することでマラミュートが本当にあなたが飼える犬かの判断に助けになることになります。

世の中に飼いやすい犬は存在しません。犬はあくまでも動物です。しかし、体が小さければ反抗的は態度に出たりしてもさほど大きな問題にはなりませんが、マラミュートや他の大型犬の場合は大問題に発展しまねません。そして、小さい犬ではないので手におえなくなったときの里親探しは並大抵のものではありません。 

しかし、家族の協力、決心の上で飼い始められればマラミュートほど家庭に向いた犬はいないと思っています。

 

2.最初に考慮するべきいくつかの一般的なもの

アラスカンマラミュートは、荒い冬の条件の中、長距離、重いそりを運搬するために育成されました。これはマラミュート達がすさまじい力、エネルギー、持続性、独立性、および知能を持つように必要とされていためです。これらの特色はいまだアラスカンマラミュートのスタンダードの定義となっています。一番にマラミュートの飼い主がこれが本当に何を意味しているかを知らなければなりません。

マラミュート達はかなりの運動量を必要とするほどの非常に高い体力を持っています。彼らは常に精神的肉体的に刺激を与えていないと退屈でそして落ち着かなくなり犬の破壊的な行動を呼び起こしてしまういう結果になることがあります。マラミュートは、特に成長している何年かの間とても元気です。 彼らは家族のトップあるいは「アルファ」役割を狙うために家族に挑戦しようとするでしょう。成長すると40kgを越える大きい犬にこの状態を起こさせる分けにはいきません。 家族は皆のために適切にその犬を扱う方法を学ばなくてはなりません。

どうか忘れないでください。マラミュートがを北極圏で暮らしていけるように、その役割に適切であるように成長した特徴はあなたの家での暮らしに適さないかもしれないかもしれない事を覚えておいてください。

私ははなを飼い始めて大型犬、マラミュートの力を甘く見ていた事に気づかされました。一緒に自転車で走っても何時間たっても嬉しそうに横を走っている犬を見て、こいつはいつまで走り続けられるのか??自転車に乗っている私が先にもう帰ろうよと弱音を吐きました。アルファ狙いも1才になるまでは時々挑戦してきました。それに過敏になっていた私はきつくやり過ぎて今でははなの私への依存度が高くなってしまってまずが・・・反省。

 

いくつかの特定の考慮点

1.あなたの家の環境は?

もしあなたがアパートあるいは家を賃借するなら:

家主 は大きい、パワフルな、毛深い犬についてどのように感じるでしょう。たとえあなたの現在の家主がマラミュートを歓迎するであろうとしても、これは常にあるケースではないかもしれません。賃借することと、その契約は変化することがあるのです。そして次の家主がマラミュートを歓迎しないかもしれないです。ほとんどの賃貸物件は借家人にペットを持っていることを許さないか、あ20kg以上になる犬に許しているところは本当に少ないです。家賃に追加料金をされたり、保証金以外のお金がかかる事を覚悟しなければなりません。

もしあなたがあなたの親と一緒に家に住んでいるなら:

マラミュートの面倒をみることをいとわない家族ですか? もしあなたがあなたの親と一緒に住んでいるなら、あなたが留守にする間(学校、仕事、社会の約束などいろいろあるかもしれない)あなたが家にいないなら、両親のどちらかはあなたのマラミュートの世話をする人になる可能性があるでしょう。両親は犬への責任を持っているので、あなたと同じぐらいマラミュートへの理解があって、そしてあなたと同じように犬を扱うことができなくてはいけません。両親はもう1人の「子供」、あなたが散らかしたより家を散らかす人をまた欲しいと思いますか?

あなたの両親は身体的にこれほど大きい犬を扱うことが可能でしょうか?あなたはその犬の責任をもつのかあなたの両親にもたせるのか、マラミュートの子犬を手にする前に決めなければいけません。

はなを飼うとき両親に話したら一番に私たちは面倒を見ない!と宣言をされました。私の生活パターンで犬を飼うことが無理と判断したからです。確かにパワフルな犬、特に子犬から幼犬の間の元気さは両親には無理です。実際、はなが飛びついて父親はひどくしりもちをついたことがあります。当てにできる人は限られているので子犬のときからいっしょに遊んでくれて世話をできる人を見つけとくのも手ですね。はなはこの手で実家に預けても大丈夫です。基本は犬好きなので今では仕事の忙しいときに預かってもらっています。

 

もしあなたがあなた自身の家を所有するなら:

あなたはフェンスで囲われた庭を持っているますか? もしそうでなければ、あなたは家がフェンスで囲われるようにする金を使うことをいとわないですか?マラミュートは犬舎であるいは家で生活に非常に適しています、しかしその成功の裏にはマラミュートがたくさん運動ができる状態に住むことができるということです。

フェンスで囲まれた庭はあなたの犬を脱走して自動車に引かれてしまったり犬を盗まれないための予防にもなったりします。もしあなたが犬を散歩に連れていくことが頻繁にできないのなら、フェンスで囲った庭放しておくのもいいでしょう。

マラミュートをフェンスなしの庭で育てようとすると
a) 最初の家は壊され
b)家族と犬はお互いと仲が悪くなり
c)家族はその犬のために新しい家を捜している。
ことになるでしょう。

どうか「常に犬を木に縛る」ことができると思わないでください。どんな時間でもこれは非人道的です。犬に適切な運動をさせるために十分な広さをの庭がなければいけないです。鎖が切れてほかの犬そして連れている人に対して攻撃しててしまったり、フラストレーションをためて吠えたり掘ったりなど悪い癖を付けたりしてしまうでしょう。

詩人のロバート・フロスト (Robert Frost)は、「良いフェンスが良い隣人を作る」と言いました。
マラミュートが遊ぶべき自由な場所として用意してください。

海外のサイトなので日本の住宅事情にはなかなか合いませんが、運動不足やいらいらすることが犬への問題行動につながることは本当です。それを避けるために日本の住宅事情でも工夫をすればいいかと思います。幸いはなの住むこの家はフェンスで囲まれているのではなは自由に動けます。涼しいところも自分で探すことができます。普段散歩に行けないはなもなんとかごまかされてくれます。十分な散歩の量や気分転換で問題行動は抑えられます。

 

2.あなたはマラミュートのために時間がつくれますか?

アラスカンマラミュートは特に成長している間は多くの時間、エネルギーと飼い主からの刺激を必要とします。あなたは毎日あなたの犬のためにしなければならないことは一緒に遊んでやり、運動し、訓練して、ブラッシングしてやることです。もし飼い主が毎日仕事などで留守をするなら晩と週末に十分な時間を犬と過ごせるのならマラミュート達は幸せです。もしあなたのライフスタイルが昼も夜も留守にしてマラミュートに十分な事をしてやれないのならマラミュートはあなたの飼うべき犬ではありません。

マラミュートに限らずどんな犬でも一人一人ぼっちが長ければ問題行動に出ます、吠える騒ぐ暴れる・・・そんなことが起これば彼らの体の大きさでは抑えることはできません。いらいらがたまらないよう、犬にできるだけ時間を取ってください。

3.あなたは5才未満のお子さんがいらっしゃいますか?

これは両親にとって重要なことです。家庭を切り盛りしている母親にとっては特にそうです。活発な、騒々しい、成長しているマラミュートは子供にとって危ないこともあり得ます。小さい子供たちが多くの時間を必要とするのと同じ成長しているマラミュートの子犬もそうである。 それについて考えてください。あなたは1度の2人の幼い子供を持つことを計画しましたか?

何が恐いかというと元気な子犬が走り回って小さな子供と接触してしまったりの事故です。マラミュート自体は子供が大好きなのでnojiの姪達とは半永久的に遊び続けます。姪がはなによって怪我をしたというのは過去1度。一緒に川で遊んでいてはなが姪の横を勢いよく走りぬけて姪を”きゃーきゃー”言わせていました。姪も興奮してよろけて転び足を打撲して泣き叫びました。はなもまだ子供だったんで泣き叫ぶ姪の横をうろうろ「はななんて嫌い!」って言われてしまいました。

個人的にはマラミュートなど大型犬を飼っているおうちの子供はもろともしないではなを相手してくれるので好きです。

 

4.大きい犬と一緒にいて家族みんな心地よいですか?

これは明らかにそうだ!と思われるかもしれませんがそうではないこともあるかもしれません。

マラミュートを飼いたいと思う理由に「私の夫/妻、子供たちがマラミュートの外見が好きで、そしてアウトドアを楽しむこが好きだからマラミュートを手に入れるつもりである。」というものがあります。しかし、実際に生きている、アクティブな、そして成長しているマラミュートに直面しているとき、子供たち(あるいはお父さん、お母さん)は犬と一緒にいるとき途方に暮れてしまうかもしれません。もし家族の誰かが犬と一緒に居て不快に思っているのならよくないことになっていくでしょう。

そのかわいい小さい子犬はあっという間に大きくなって大きくてパワフルな犬になりそして多くの苦労がかかるでしょう。家族全員でそのための準備ができていないといけません。

訳していて書いてあるわぁと思ってました。外見に惚れ、アウトドアの相棒にとはなを選んだのですがそんなの日常にかき消され”もう、だめかな?”と自信喪失状態になりました。実家の家族が犬を扱い慣れていて仕事で一人ぼっちでお留守番をしているはなの気を紛らわしてくれるのを手伝ってくれました。

 

5.果てしない抜け毛の問題は大丈夫ですか?

アラスカンマラミュートは(彼らが何のために育てられたか思い出してください。)非常に毛深い犬であって、毛は規則的に抜けます。 密に生えたアンダーコートとより長い毛のオーバーコートが生えています。 屋内のマラミュートも毛が抜けます。実際犬が歩くだけで毛が抜け落ちていきます。毛が生え変わるのは1年に2度でその時は「」を与えます。家の中のどこでも抜け落ちた毛を我慢する事が出来るでしょうか?

一年中絶え間なく掃除機をかけることはマラミュートの飼い主の生活の一部となります。

もし家の中の誰かがアレルギーを持っているなら、この毛は深刻な問題になります。もしアレルギーの疑いがあるなら、アレルギーを持っている人に対してもっと激しい問題を作る可能性があるので、医師に相談してください。あなたの家族がアレルギーであるから愛する犬をあきらめなければいけないのははあまりにも痛ましいです。

しかし、飼い始めてからあきらめなければならないのはもっと辛いです。

あなたがこれらすべてのポイントを考慮しなくてはならない理由アラスカンマラミュートは飼われる正しい家庭のために絶対的に素晴らしい犬です。ほとんどの飼い主がマラミュートなしで暮らしていくことを想像すらできないことに気付きます。しかしながら、この犬種はすべての家庭に合った犬ではないです。

はなの抜け毛も私が甘く見ていたものの一つです。過去飼ってきた犬に毛の長い子もいたのですがはなのような面積で抜けていく訳ではありませんでしたから、気にはなりませんでした。はなはブラシで一掻きでごそぉっと抜け、シャンプーのときは何度も回収しないと配水管が詰まりそうな勢いです。名古屋は暑く外にいるはなは夏中ずっと抜け続け庭に吹き溜まった毛を集める毎日です。ご近所にいぬの嫌いな人でもいたら毛は大問題になります。これは本当にすごいです。

 

これらのことがあなたの決心に役に立ってほしいです。

そりを引くことを必要としない近代社会でマラミュートが私たちの生活に合っていることを考えることが重要です。この考えなしでは私たち、私たちの家族、そして犬を不当な環境で扱ってしまうことになります。

 

どうかこれらのことについて考えてください:

1)犬は合っていない家庭に置かれることに耐えられない感情のこもった生き物です。

2)あなたは金、時間、エネルギーと犬への感情の莫大な投資をしようとしています。もしもマラミュートを飼うのがうまく行かなかったとき、決して元には戻れないでしょう。

3)気質のいい、健康な子犬を作り出すことにおいてブリーダーが一生懸命世話をしています。ブリーダーはその子犬達のために一番合った家を探すために時間と努力を費やしています。あなたは犬達に適切な環境を作り出してやることが可能でその努力をいとわない人でなければいけません。

 

レスキューを考えてください。

では、あなたはすべてを読んですべて自問自答し、マラミュートをあなたとあなたの家族のために飼うのが確かとなったでしょう。しかしあなたは小さい子犬を育てることの問題を避けることができたならいいのにと思ったりしたとします。大人にするまでの乳歯の生え変わり反抗などがあり、あなたの正しい生活に犬がちょっと合わないがあなたは犬に素晴らしい環境を与えてやれる人だったら・・・。

レスキュー「救出」

成犬の犬(あるいは大きくなった子犬)を飼うのはあなたが思っているより簡単です。これらの犬は人によくあるような問題ではないです。なぜ飼い主が養子に出すために彼らの犬を手放したのかには多くの良い、合法的な理由があります。 例えば、ブリーダーがチャンピオンシップ終了させた犬かもしれない、そしてこの犬が今優しい家族に大事に扱われるペットであるべきと思うのも里親に出すことが正しいと思うところです。

また、すばらしい犬が家族に起こる離婚、病気、あるいは死のためにブリーダーの元に戻されることがあります。ブリーダーは再び、その犬のために新しい飼い主を見つける責任を持っています。

多くのマラミュートのクラブと個人が追い出された犬の新しい飼い主探しを申し出ています。

アラスカンパークも引退犬を里親に出していますが、nojiはそんなこと本当にできるのか?って思ってました。しかし新飼い主さんといっしょにアラスカンパークに里帰りしている犬達を見ると心を許している飼い主さんが2人いるようにブリーダーと飼い主さんとの間を行ったり来たり幸せそうでした。可能でした。

正しい家族のもとに行った犬は期待以上のものになります。あなたが飼う犬はレスキューの対象となる犬ですでに子供の段階を過ぎていて社会適応化もしつけも始まっている犬です。1歳〜9歳ぐらいまでのレスキュー対象の犬が照会できます。

あなたは大規模なインタビューを体験しますがこれらの質問があなたを悩ませるか、あるいは落胆させることを意図されていないことを覚えていてください。 あなたとその犬が共存できることを確実にするためにおこなわれることです。

 

あなたが選ぶすべての選択に幸運を!

 

と超意訳でしたが日本語も不自由なnojiなので読んでいただいて変な部分どしどしご指摘をお願いします。もう自分で読んでいてももう分けわからないですぅ。このページは不定期更新です。うひ。

 

原文はこちら (ALASKAN MALAMUTE CLUB OF AMERICA〜Is an Alaskan Malamute the Right Dog For You?)